病院に行く人の割合とは?

病院に行く人の割合とは?

普通のニキビでも病院で治療を受ける人は少なくなっています。割合としては1割前後しかないといわれています。なぜにきび治療は病院で利用する人が少ないのでしょうか?

 

○ 男女による違い
女性の場合
日頃からスキンケア方法に精通している女性は、ニキビができても自分で治そうとする傾向があります。色々なケアをして悪化した方、治りにくい方が病院を受診されています。適切なケアさえ守れば治ると考えている人が多いようです。

 

男性の場合
女性よりも比較的病院での治療者が多くなっています。男性のほうが男性ホルモンの影響で酷くなりやすかったり、ケアのやり方がわからず病院を受診する方も。特にクレーター状になるのは男性に多いようです。

 

○ 病院のほうが高い満足度
市販の治療薬
ドラッグストアなどで手に入る治療薬は、病院の薬より作用が弱くなっています。そのため治療効果が得られず、悪化して病院を受診する方もいます。

 

病院での治療
病院は飲み薬と兼用しやすいため、治療効果が高いのが特徴的です。漢方薬やビタミン剤なども処方してくれるため、体の中から改善することも可能です。また、病院のほうがにきびに適した治療が選択できるため、治療効果が高いと感じる人が多いようです。