おしりニキビの病院での治療について!恥ずかしい人必見!

皮膚科の治療は保険適用と適用外

おしりニキビの病院での治療と、顔や背中などの治療は基本的に一緒です。これらの方法は主に健康保険適用のもの、適用外のものと二種類にわけることができます。まずは、健康保険で治す方法から覚えておきましょう。

 

○健康保険が適用となるもの
外用レチノイド
海外でもにきび治療として一般的に活用されている医薬品です。毛穴の詰まりを解消させ、治りを早くします。

 

抗菌薬
にきびは酷くなると炎症が起こり、周りの細胞を侵して凹凸を作りだします。そうならない前に炎症を抑えるのがこの薬です。塗り薬や飲み薬にて対応できます。

 

イオウ製剤
初期のにきびによく利用される医薬品です。塗り薬として処方され、毛穴に詰まった角質を除去する効果があります。毛穴が開き皮脂の詰まりが解消されます。

 

面ぼう圧出
専用の器具を使い毛穴に詰まった皮脂などを押し出す治療方法です。初期の段階でやれば跡が残りにくく、治癒しやすくなります。

 

健康保険が適用されるのは主に塗り薬、飲み薬、器具を使った治療です。炎症をひどくさせないための治療で、早めにやれば跡が残りにくくなります。

 

○ 健康保険が適用外のもの
ケミカルピーリング
皮膚の表面を薬剤で薄く剥がし、新陳代謝を促す治療です。フルーツ酸などを利用するため肌への負担が少なく、古い角質のみ除去することができます。

 

おしりのニキビを綺麗に治す方法

皮膚科での診察って?

おしりニキビの場合、皮膚科でどんな診察をするのか気になる方も多いのではないでしょうか。医療機関でも多少異なりますが、具体的な流れを知っておくと便利です。受診から治療までの流れを紹介します。

 

○ 診察の流れについて○
問診
まずはどんな症状があるのか、ニキビの原因がどんなことなのか問診があります。医師により様々なことが質問され、原因を特定していきます。ニキビ以外の炎症も考えられますから、恥ずかしがらずに正直に答えるようにしましょう。

 

検査
通常は検査はありません。炎症が強い場合やほかの病気が疑われる場合などに行われています。なかにはホルモンバランスの乱れを調べることもあります。検査がある場合は血液検査・ホルモン検査などです。

 

処置
ニキビに対し実際に処置していきます。塗り薬で治るようならその場で塗ってくれます。塗り方なども説明してくれますから聞いておきましょう。ニキビの芯がある場合は専用の器具で押し出します。痛みを伴ったり刺激を感じることは無いため安心して受けましょう。

 

アドバイス
お薬の服用の仕方を説明してくれたり、にきびを予防する説明があります。問題となっているものが取り除かれないと何度も繰り返すため、対策は詳しく聞いておきましょう。

 

○ 薬の処方について○
医師、薬剤師の方から詳しく説明を受けます。普段飲んでいる薬がある場合は申し出て、飲み合わせに注意してもらってください。またアレルギーがある方も相談すると良いでしょう。

 

 

外用レチノイドとは?

外用レチノイドによる治療方法を紹介します。この薬は2008年より日本でも保険が適用されたもので、費用の負担がなく利用することができます。具体的な情報を紹介します。

 

○ 外用レチノイドが受けられる病院○
■ガイドラインに基づいた治療
外用レチノイドは2008年にできたにきび治療のガイドラインにも記載されています。世界でも多く利用される治療方法で、日本でも利用することができるようになりました。

 

どこで受けられる?
皮膚科でこの薬を取り扱っていますが、全ての病院で採用しているとは限りません。
お近くの病院の公式ホームページをご覧の上、来院することをおすすめします。

 

○ この薬で治る?
幅広いニキビに使える
この外用レチノイドは幅広いにきび治療に活用されています。初期段階から、炎症が起きたニキビまで治療として利用できます。

 

抗生物質にかわるニキビ治療に
外用レチノイドは海外では主流となっていたのですが、日本では今まで抗生物質による治療が一般的でした。

 

炎症を抑える治療ではない
外用レチノイドは炎症を抑える治療ではありません。そのため炎症が強い方は別に抗菌薬を兼用することがあります。この治療方法で多くのニキビに効果が期待できるようになります。

病院に行くタイミングについて

おしりニキビの場合、診察の際におしりを見せることから躊躇してしまう方も多いでしょう。いつ病院に行くべきか迷っていたら、炎症がひどくなってしまったり・・・。考え方は顔のニキビと同様ですが、まずは基本的なことを見直してみましょう。

 

○ ニキビができたら直ぐ
ニキビは初期が治りやすい
おしりニキビができたら直ぐ病院を受診すると、早くに治すことができます。ニキビができやすい体質なら、漢方薬で体質改善ができる場合もありますから、早めに来院すると良いでしょう。

 

早期治療は跡が残りにくい
何よりも早期治療は跡が残りにくいのがメリットです。顔と違いおしりは目立ちませんが、にきび跡が多くなれば気になるものです。水着などを着る機会が多い方は、特に早いほうがよいといえるでしょう。

 

○ おしりだと事情も変わってくる
おしりを出したくない
医師に見せるとはいえおしりを出したくないのがホンネではないでしょうか。できるだけ粘って自分で解消したいというのが多くの人の考えです。診察の際にかならずおしりは見せなければなりません。

 

女医さんがいる病院を探そう
おしりの露出が恥ずかしいなら、女医さんがいる皮膚科を探す方法もあります。おしりの場合は、下着以外下半身は全て脱がなければならないこともあるのです。女医さんなら気がねなく診察してもらえます。

治療をすすめる基準とは?

おしりニキビで病院を受診すると、医師はどのように治療を進めていくのでしょうか?いちお治療方法にはガイドラインがありますが、全て同じ治療が利用されるわけではないのです。具体的な詳細を紹介します。

 

○ 問診をする理由
ニキビができた年齢で異なる
若い人のにきび、中年くらいの人ではその原因が異なります。そのため年齢によりおしりニキビでもまったく同じ治療法にはなりません。思春期で皮脂の分泌が活発になっている場合もあれば、大人の場合はストレスも考えられるからです。

 

生活習慣も聞かれる
医師によっては食生活や生活習慣も聞くことがあります。これはおしりニキビの原因となっているものを探るためで、必要な治療をして早く治す意味を持っています。

 

○ にきびの進行具合による治療
繰り返しにきびになっている場合
何度も繰り返し発症していると、体の中から体質改善が必要となるでしょう。漢方薬で原因を取り除く方法が利用されたりします。また、食事の改善、生活習慣も原因となります。

 

市販の薬で酷くなった場合
中には市販の薬で炎症がひどくなってしまった方もいます。この場合がんこなニキビとなっている可能性もあるため、複数の治療薬が利用されます。

ニキビ治療に必要な期間について

おしりニキビで病院を受診した場合、どのくらいの治療期間が必要かは気になるところでしょう。なかなか効果が現れなければ、治療自体を疑ってしまうこともあるかもしれません。病院を受診する前に覚えておきたい期間について紹介します。

 

○ 治療期間は人それぞれ
効果が現れるのは1ヶ月程度から
病院で処方された薬では炎症を素早く抑え、ニキビが治りやすくなります。そのため効果自体は1ヶ月くらいで感じ始めます。ただしあくまでも治療は対処療法ですから、目に見えるニキビが治ったとしても、体質が改善されたわけではないのです。

 

多くの人は2ヶ月〜3ヶ月が目安
にきびができにくい体質になるのは、大体2ヶ月〜3ヶ月が目安です。肌は常に代謝されており、古い角質が剥がれ落ちまた新しい細胞が作り出されています。このサイクルから考えると、体質改善には数ヶ月はかかると考えられます。

 

○ 治療期間が長い人の場合
数年かかるケースも
ストレスや食生活など生活習慣がなかなか改善されないと、ニキビ治療は長引きやすくなっています。医師も順次指導を行ったり、漢方薬で体質改善したりしますが、生活習慣の問題が改善されないと長く治療がかかっていまいます。

 

疑問は医師に遠慮なく聞こう
早く治療を完了するためにも、疑問と思ったことは何でも医師に聞きましょう。

 

おしりのニキビを綺麗に治す方法

関連リンク

おしりニキビ化粧品の選び方・・・おしりのニキビってどう治したら良いの!?何から始めれば分からない方、色々やってみたけど治らなくて悩んる方は必見です!!